うつ病のこと、ご存知でしょうか?

うつ病という言葉は誰でも聞いたことがあると思いますが、この病気について本当に理解していますか?一緒に話しましょう。

うつ病の歴史

19世紀からうつ病の研究は行われていましたが、精神医学界が「精神疾患の診断と統計マニュアル」でうつ病を臨床疾患として正式に認めたのは1980年のことでした。

現在でも、人間の科学はうつ病についてあまり知られておらなりません。うつ病の完全な病態はまだわかっていません。

ほとんどのうつ病治療薬は、他の実験でうつ病を改善する副作用が見つかってから使用されています。また、「精神疾患の診断と統計マニュアル」にうつ病が書かれてからも、改訂の度にうつ病に関する項目は見直されています。

つまり、うつ病に対する理解は、今もなお、絶え間なく更新されているのです。 そして、うつ病に対する認識は、時代や文化によって異なります。

うつ病の現状

うつ病の症状や診断は文化に大きく影響されるようで、欧米では他の地域よりはるかに高い割合で診断され、その理由はまだ解明されていません。

ある調査によると、2011年から2014年にかけて、アメリカ人の9人に1人以上がうつ病の薬物治療を受けております。この割合はこれからますます高くなると言われています。 また、アメリカのドラマでは、うつ病で精神科に通う人が家族ぐるみの付き合いのように描かれていることにお気づきでしょうか。

ヨーロッパの文化では、うつ病は悲しみを表現する方法?

文化との結びつきが強い精神疾患を表す言葉として、「文化的条件付け症候群」、別名「カルチャーバウンド症候群」というものがあります。

特定の民族や地域の人たちだけが同時に、あるいはその民族や地域だけで起こると報告する、文化的文脈に基づくさまざまな症状を指します。 地元の人々は、これらの症状にちなんで障害と名付けるが、外部の人間にはその障害は認識されません。

一般的な文化的条件付けの症候群には、マレーシアの縮小陽症候群、韓国の火病、北極圏のヒステリーなどがあります。 多くの学者は、文化的条件付け症候群の多くは独立した障害ではなく、文化の影響下で発現する他の問題の特異的症状である、あるいは単に文化的習慣であると信じています。

うつ病は「文化的条件付け症候群」?

うつ病の命名自体は、西洋史、特に近代西洋史と密接に関連しています。

古代ギリシャからキリスト教中世に至るまで、人々は過度のうつ病を名付け、分析し、治療するためにたゆまぬ努力を続けてきました。 解剖学が登場すると、人々はさらにうつ病の焦点を探しました……西洋医学で精神医学や心理学が発達する以前から、うつ病の研究は本格的であり、多くの研究成果が発表されていたくらいだと言えます。 ただ、時代によって異なる命名法や知識体系が発達し、「うつ病」という名称がまだ一般的ではなかったというだけのことだ。

ヒューマニズムの台頭により、ヨーロッパでは、うつ病を人間の本質と関連付け始めました。 この理解には、文化的な背景もあります。 例えば、シェイクスピアのハムレットは、この高貴なメランコリーの代表格です。父が殺害され、王位を奪われたことで、この世の醜さを感じ、この世に疲れ、人間の存在意義や本質を疑い、「生きるかどうか」という有名な問題を提起しました。

ハムレットのこの悲しく、思索的で、知的で、文学的で、魅力的な状態をメランコリーと呼びます。

メランコリーの対極にあるのが、ハムレットの恋人オフィーリアの精神状態です。 オフィーリアも悲劇に見舞われたが、悲しみに押しつぶされ、気が狂ってしまい、うつ病と呼ばれる状態になってしまった。 当時、高貴なメランコリーはヨーロッパの男性にしかなく、女性には病的なうつ病しかないと考えられていた。 ヨーロッパ以外の人々、たとえば彼らが接触していたアフリカの奴隷たちは、こうした複雑な悲しみを経験することはなかった。

過去の文化的偏見は、今日でもヨーロッパとアメリカが支配する精神医学と心理学に影響を与えています。

うつ病の診断

現在でもうつ病は女性に多く、そのため医師は女性患者の症状のみを基に診断し、男性は勇気を出して「病的なうつ病」を治療しても誤診されることが多いのです。

同時に、欧米の多くの国の研究では、白人よりも有色人種の方がうつ病の診断が重く、多くの医師が有色人種にはうつ病よりも統合失調症と診断する傾向があることが分かっています。

一般的に、うつ病の治療方法は薬を飲んだことです。 医師の指示に従っていれば、十分にコントロールできます。

病院で薬を処方するほか、個人 輸入 薬も盛んでいます。

理解不足、頻繁な基準の変更、文化的制約、個人的判断の影響……これらはすべて、うつ病の存在の妥当性を問うものである。 このような不確実性と文化的な影響が、多くの疾患に対する人間の理解に現れているのです。